映画

自宅で見る映画

 ←あさが来た 新次郎さんの神回 →だんだん近づく朝ドラの最終回
WOWOWを入れてから結構家で映画を見る機会が増えました。

現在アカデミー賞ウィークということで過去の受賞作品がランナップされています。

映画館が遠いためなかなか観にいけなかった身としては最近話題になった映画が家で見られるというおいしい企画です

ハリウッド映画で私が今一番気になっている俳優さんと言えば

ベネディクトカンバーバッチ 「僕が星になるまで」「パレーズエンド」「シャーロック」

エディレッドメイン 「レミゼラブル」の学生役が印象的でした。歌もうまくてびっくり!

の二人です。

「イミテーションゲーム」

第二次世界大戦時、解読不可能と言われたドイツ軍の暗号「エニグマ」の研究のために集められたイギリスの数学者たちと解読に成功した天才アランチューリングの物語。

数奇な物語のおもしろさ、映像美、カメラアングルの素晴らしさもはずせませんが、アランチューリング役のカンバーバッチの鬼気迫る演技も見ものです。

最後まで息つく間もない展開でした。

エニグマの解読により、ロルマンディ上陸作戦が成功したという事実。

しかも彼は暗号の解読のみならず、現在のコンピューターの元になる数式?まで発明していた・・・

これだけの偉業を成し遂げていながらその功績がこれまで表に出なかったのは、彼が同性愛者だったから・・・。

キリスト教世界の闇が一人の天才の人生を狂わせてしまったのだと理解しました。

かのロシアの有名な作曲家であるチャイコフスキーも同性愛の罪?で自殺を強要され亡くなったという説が有力です。

キリスト教はヨーロッパの統治と発展に寄与しながらも、それにそぐわない者たちを排除し続けて来たんですね。

最近ハリウッドでは同性愛やトランスジェンダーをテーマにした映画がたくさん出てきています。

多様な性を認める社会が来ると良いですね。そしてそれに適した法的整備も求められます。

もし自分の周囲にカミングアウトする人がいたり、相談されたりした時に受け入れらる心の広さも持たねば・・・

なかなかヘビーな作品でした。


「博士と彼女のセオリー」

天才物理学者のホーキング博士と妻ジェーンの物語です。

あの電動車椅子に乗ってコンピューターでしゃべる姿の博士しか知らなかったのですが、彼の人並み外れた頭脳と彼を支えた人たちの物語です。

二人はケンブリッジ大学で出会い恋に落ちるがホーキングはASLを発病。筋肉が徐々に衰えていく中二人は3人の子宝にも恵まれ幸せな結婚生活を送っていたが、ホーキングの病状は徐々に悪化。夫の介護と3人の子育てで疲れ果て徐々に精神的に追い込まれていくジェーン。心の平穏を取り戻すべく通い始めた教会の聖歌隊で知り合ったオルガン奏者のジョナサン。彼は献身的にホーキング一家を支え、彼らにはなくてはならない存在に。

ジェーンとジョナサンは次第にひかれあっていく。

何故かこの夫妻の離婚の原因もキリスト教だったようです。ホーキングは無神論者。ジェーンは敬虔な信者。
もちろん、他にもいろいろ原因はあったようですけどね。

ヨーロッパの人たちの宗教に対する重みは私たちには理解できない世界だなと思いました。

どんなに愛し合っていても一度離れた心は元に戻らないのだなーと思いました。

最後の終わり方がよかったです。

女王陛下との謁見が終わった後

ジェーンが「私たちの関係は素晴らしかったわ」
と言うと
ホーキングが「look what we make it]
?スペルあってるかわからん

「僕たちが作ったものは、そこにあるよ」と語ると 目の前には庭で遊ぶ3人の子どもたちの姿が・・・

たとえ結婚生活は破たんしようと一緒に過ごしたかけがえのない時間は、充実した日々であったことがうかがえるシーンでした。

彼の功績である物理学の説明シーンは少なかったものの(多分それを映画にしても誰も理解できないと思われます)

そしてエディレットメインの演技力!これを抜きにしてこの映画は語れません。

本物のホーキング博士がいるようでした。この人これからすごい役者になりそうだ



洋画で見るとキザなせりふも全然浮いて聞こえないから不思議ですね。

日本語でいっちゃうとなんかねー。この辺が日本映画がいまいちな理由なのかなー。

それともそういうセリフに見合う俳優がいないってことなんですかね。

わからないけど、相変わらず洋画はいいなーと思う私です。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 日常
もくじ  3kaku_s_L.png 家族
もくじ  3kaku_s_L.png 玉木宏
もくじ  3kaku_s_L.png 仕事
もくじ  3kaku_s_L.png 政治
もくじ  3kaku_s_L.png 平和
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png 心と体
もくじ  3kaku_s_L.png 環境
もくじ  3kaku_s_L.png 読書
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png テレビ
もくじ  3kaku_s_L.png 美術館めぐり
  • 【あさが来た 新次郎さんの神回】へ
  • 【だんだん近づく朝ドラの最終回】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【あさが来た 新次郎さんの神回】へ
  • 【だんだん近づく朝ドラの最終回】へ