2016. 06. 05  
ミタライは玉木宏くんしかいない!

原作者の島田荘司さんじきじきのオファーで始まった今回の映画の企画。

様々な大人の事情を乗り越えてようやく完成することができたようです。

今回は行橋に住む玉友さんがわざわざこの辺境の地大分まで来てくれて一緒に2回見ました

どんなによくできた映画でも2回続けて見るなんて、これまでの私にはなかったことですが、玉ちゃんが主演ならば「何度でも見るしかない」・・・親心ですハイ

しかし、前日は夜11まで仕事してたし、1週間の疲れがピークに達していたこともあり、1回目は映画の宣伝が始まった時点で寝落ち!
後半の謎解きの部分から目目が覚めましたがストーリーがさっぱりわからんかったわ

なので2回目はがっつり見ましたとも!

感想は・・・

すごく上質なミステリーに仕上がっていると思いました。
派手なカーチェイスや格闘シーンはないけれども、一人ひとりの人物が複雑にからみあい、そこに瀬戸内海の歴史も関係してきます。最後にはそれらのつながりが明かされていくというもの。

よくこんな難しいストーリーを映像化できたなと思いました。(原作未読ですけど・・・多分原作はもっと複雑なんだろうと思いました)

最初にとても残酷なシーンがたくさん出てくるので、ちょっと引きましたが、後半は人と人、点と点がつながっていくおもしろさがありました。

天才探偵ミタライは、冷静で動きや表情の変化もあまりないので、キャラクターの魅力としては弱い気がしました。
今回は石岡くんも出てこなかったので2人のやりとりの楽しさを見ることができなかったのも残念です。

シリーズ化するのであればもう少し人間らしさが出てくるとおもしろいのではないかと思います。

ということで、玉木君ファンとしては主演作品なので がっつり玉ちゃんを拝めるという点で☆☆☆☆☆

作品としての出来栄えは☆☆☆









スポンサーサイト
NEXT Entry
トップダウンの功罪
NEW Topics
あなたには帰る家がある 10話感想
あなたには帰る家がある 9話感想
ただのぼやき
あなたには帰る家がある 7話 感想
あなたには帰る家がある 5話 6話
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ninngnnmodoki

Author:ninngnnmodoki
ninngennmodokiのブログです
生まれも育ちも大分県
家族:3月で定年退職する連れ合い・・・再任用決定しました。まだ働くそうです。亭主元気で留守がいい
   社会人の長男(家を出て一人暮らし中)
   社会人の次男(何故かいまだに同居中)
    
趣味○音楽
    ・オペラ観劇
    (モーツアルトのオペラが好き)
     最近は「のだめ」の影響でオーケストラも聴くよう     になりました。同時に「玉木宏」君のファンに・・
    ・好きな歌
     ジョンレノン「イマジン」
     ベートーベン第九合唱
   ○読書
    ・好きな作家
     村上春樹
     藤沢周平
     ジェーンオースティン
   ○旅
     気ままな一人旅が好き
     2012年念願のウィーン・プラハへ行ってきました
     2017年あこがれのフィレンツェへ行ってきました

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索