政治

2017年 あけましておめでとうございます

 ←2016年を振り返る 音楽編 →辻井伸行くんとYOSHIKIのピアノ
かなり放置していたブログですが、最近はちょっと復活したかな??

年末のあわただしさもなんとか過ぎ去り、実家回りも終わり

連れ合いは赴任地へ帰っていきました。
私は朝から天気がいいので布団を干して掃除をしました。
なんだか日常がもどってきました。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの録画を見ながら書いています。

2017年が始まりましたね。1年があっという間にすぎるので困ります。

誰かの本で読みましたが、人生設計に必要なのは10年後の自分を想像することなのだそうです。
10年後の自分がどうなっているのか、少なくとも自分のことであれば予測がつきます。

確実に今の仕事はリタイアしているので無収入です。もしかするとなにがしかのパートでもしているかも。
体はあちこち傷んできて医者通いしているかもしれません。
お金もないので、日々節約生活。時々来る孫(いるかはわかりません)におこづかいをあげるのを楽しみにしているかも。

10年後も安心して過ごすために今からできることといえば・・・
貯蓄、健康管理、断捨離
体が動くうちにやりたいことをやる

これから10年間はどんな年になるのでしょう。なんだかすごく大きな変化がありそうな気がしています
私的に予測してみました。

<世界情勢>
非常に危険な状況になってきたと思います。
中東をめぐる問題は混乱を極めているし、EUは崩壊寸前。
どこの国も極右政党が台頭しはじめ、一発触発の態をなしています。
第3次世界大戦が起きるのも時間の問題?
その時日本はどうするの??
駆けつけ警護ではすまされなくなり、憲法九条をあっさり捨て去る日も近い?

かくて、私のヨーロッパ旅行はさらに遠くなっていく・・・

また、富の再分配の必要もあると思います。貧富の差の拡大はそれだけでも政情不安を生み出す火種になりかねません。
私は共産主義者ではありませんが、
一人の人が一生で使い果たせる額のお金はたかが知れています。
何世代も先まで働かなくてもいい一族があるのなら

社会貢献や企業への助成などで雇用を増やし、貧しい人たちのために使われるようなシステムがあれば良いと思います。
相互扶助・・・
そうやってお金を循環させないと、ただ富裕層の間だけでぐるぐる回っているだけでは、お金に何の意味もないと思います。

本当に能力があって勉強したい若者がいれば無償で学費を出し応援する奨学金制度や大学制度
罪を犯した若者を更生させるための施設
食の安全を保障するための農業経営
脱原発のための安全なエネルギーの研究
不毛な土地を再生する科学技術
水資源と森林資源を管理するシステム






<日本>
超高齢化社会。
先日ある大学教授の講演を聞いたときにかなり目が点になりました。

50年後には平均寿命が100歳を超える。
50年後にはなくなる県がある。

まあ、その話を聞いた人たちの半分は50年後にはこの世にはいないのでその目で確かめることは不可能だと思いましたが、
あながちうそでもないと思いました。(大学教授ですからちゃんとしたデーターをもとに話されたと思います)

女性の平均寿命は88歳を更新し続けていますし、100歳超えの老人は6万人を超えているそうです。
学力重視、有名大学重視の傾向は相変わらず続いていて、地方では次世代を担う優秀な人材は都会へ流出しています。
若者がいなくなれば人口減少で村、町、市、県も消滅してしまうでしょう。

地方に残る若者を造るためには雇用の場ができることが第一ですね。
またその雇用を生み出す企業家を育てること。

いつまでも大企業と大都会中心の高度成長時代のやり方を見直す必要があると思いました。

<次の世代を育てる義務>

人には生きる自由があるし、産まないという選択肢もあります。

望んでも授からない場合もあります。
なので「子どもを産み育てるべき」とは言いません。
しかし、次世代を造らなければ、日本は外国から侵略される危険もあります。
若い世代がいなければ、海外から雇い入れるしかないからです。

別に民族至上主義を唱えるわけではありませんが、日本の古き良き伝統を受け継ぐことは大切です。

島国日本が生き残っていくためには若い力が必要です。

私の周りの若者たちは結婚や恋愛に対してすごく消極的です。理由は「一人の方が楽だから」だそうです。

確かに私も若いころそう思っていた時期がありました。その言葉を口にした時に父からひどく叱られました。

産めよ増やせよの時代に生まれた父たちとはちょっと考えが違いますが

産める人は産んだ方がいい。
育てられる人が育てればいい。

そして日本の次世代を担う若者を社会全体でつくる必要があると思います。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 日常
もくじ  3kaku_s_L.png 家族
もくじ  3kaku_s_L.png 玉木宏
もくじ  3kaku_s_L.png 仕事
もくじ  3kaku_s_L.png 政治
もくじ  3kaku_s_L.png 平和
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png 心と体
もくじ  3kaku_s_L.png 環境
もくじ  3kaku_s_L.png 読書
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png テレビ
もくじ  3kaku_s_L.png 美術館めぐり
  • 【2016年を振り返る 音楽編】へ
  • 【辻井伸行くんとYOSHIKIのピアノ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2016年を振り返る 音楽編】へ
  • 【辻井伸行くんとYOSHIKIのピアノ】へ