FC2ブログ
2017. 04. 02  
高野山はあいにくの雨。3月の末というのに気温3度。
寒いとは聞いていたので、真冬並みの装備ででかけたので何とか耐えられました。

当日宿泊予定の宿坊に荷物を置きに行き、部屋を確認しました。
6畳の畳と床の間、隣に茶室のついている和室です。

トイレとお風呂が遠いのがショックでした。部屋を予約する時に確認するべきでした。

雨の中バスに乗って大門→壇上伽藍→金剛峯寺の順に見学。

大門は高野山の入り口にある大きな門です。もっとにぎわっているかと思いきや、意外と人気もなく、大きな赤い門がどっしりとたたずんでいました。
そこからてくてくと歩いて壇上伽藍へ。
ここには三鈷の松という有名な松があるというので見に行きました。

実は次男が就職の祈願をするのに近くの高野山系列の観音様にお参りした時に住職から願い事が叶うという言い伝えの「三鈷の松」のお守りをいただきました。その時初めて三鈷の松の存在を知り興味を持ちました。

空海が唐で修行を終えて日本へ帰ることになり、仏教を伝えるために日本に寺を建てようと決心します。
そこで空海は持っていた三鈷という仏教の道具を空に投げると海を渡って日本へ飛んで行ったそうです。

日本についた空海が山をあちこち歩いていると2匹の犬と仙人のような老人に出会いました。
老人に何をしているのかと尋ねられた空海は、修行ができるお寺を立てる場所を探していると伝えました。
すると老人が2匹の犬を指さし、この犬についていけば探している土地につくだろうと言い残し去っていきます。
言われた通り2匹の犬に導かれてたどり着いた場所が高野山だったということです。

そしてそこにあった松には空海が中国から投げた三鈷がひっかかっていたそうな。

この松の木は葉が3本ついていることから、文字通り三鈷の松と名付けられ、願いが叶うと言い伝えられてきました。

そこで葉が3本の松の葉が落ちていないかとずいぶん探しましたが、すでに拾われてしまったのか残念ながら見つかりませんでした。
せっかくなので2本の松の葉を記念に持ち帰りました。

高野山のお寺はどこも仏壇がしまってて仏さまが見えなかったです。弘法大師様がご本尊なので見ることができないということなのですかね?

お寺巡りはこれにて終了。
いよいよ今回の旅の目的、宿坊で精進料理をいただき、写経、朝の勤行、護摩焚き、奥の院と続きます。





スポンサーサイト
NEXT Entry
高野山への旅 ③
NEW Topics
夏の思い出
ジュラシック ワールド2
NHK交響楽団 大分公演
期日指定郵便 不愉快な話
もう7月
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ninngnnmodoki

Author:ninngnnmodoki
ninngennmodokiのブログです
生まれも育ちも大分県
家族:3月で定年退職する連れ合い・・・再任用決定しました。まだ働くそうです。亭主元気で留守がいい
   社会人の長男(家を出て一人暮らし中)
   社会人の次男(何故かいまだに同居中)
    
趣味○音楽
    ・オペラ観劇
    (モーツアルトのオペラが好き)
     最近は「のだめ」の影響でオーケストラも聴くよう     になりました。同時に「玉木宏」君のファンに・・
    ・好きな歌
     ジョンレノン「イマジン」
     ベートーベン第九合唱
   ○読書
    ・好きな作家
     村上春樹
     藤沢周平
     ジェーンオースティン
   ○旅
     気ままな一人旅が好き
     2012年念願のウィーン・プラハへ行ってきました
     2017年あこがれのフィレンツェへ行ってきました

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索