FC2ブログ
2018. 07. 08  
3年ぶりの大分公演でした。
久しぶりなのでなのか、有名な指揮者なのか、人気曲なのかわかりませんが会場は満員でした。

3年前は会場ががらがらだったのになー  

備忘録として書き残します

指揮 ウラディーミル フェドセーエフ
ソリスト チェロ タチアナ ヴァシリエヴァ

演奏に入る前に 指揮者から異例の挨拶がありました。ロシア語で「今回の豪雨災害を悼み、チャイコフスキーの『祈り』を演奏します。
という前置きがあり、演奏が始まりました。
曲が終わり観客が拍手をし始めると指揮者が手を挙げて制止しました。

そして仕切り直して、1曲目の演奏に・・・

セットリスト
①ムソルグスキー(リムスキーコルサコフ編) 交響詩「はげ山の一夜」

②チャイコフスキー「ロココ風の主題による変奏曲」 チェロ

③ショスタコービッチ 交響曲第5番 ニ短調

アンコールなし

今回はすべて初めて聞く曲なのでCDで毎日曲を聴いて予習をしていきました。禿山の一夜はのだめドラマの中でピアノコンクールに出場するのだめの悪夢のBGMに使われていました。

席はチケットぴあでとりましたが、前から4列目の右端だったのでオケ全体が見渡せず残念でした。
なんであんな席選んだんだろう??

指揮者は御年86歳という高齢
歩き方もおぼつかないようで、大丈夫かと心配をしましたが、曲に入るとすごい集中力でした。

チェロ奏者はスレンダーなロシア美人さん。ドレスも素敵でした。長い腕で弓を弾くダイナミックな演奏に引き込まれました。
自由自在に弦を操り、音を紡ぎ出す美しいミューズでした。

そして今回のメイン ショスタコービッチ

これはすごく迫力ありました。ソ連スターリンの恐怖政治時代にショスタが命懸けで作った曲なのでいろんな思いが込められた作品だと思いました。
今回はロシアの指揮者ということで曲もすべてロシアの作曲家でした。

現代音楽に近い曲がおもしろかったです。映画音楽に通じるものがあるなーと思いました。

まあ、私はやはりベートーベンとモーツアルトが好きだなー

でも食わず嫌いはもったいない。いろいろ聞いてその良さを発見するのもまた楽し!

10月はオペラアイーダを観に行く予定です。(日本人キャストだから後方席をとりました 笑)




スポンサーサイト
NEXT Entry
ジュラシック ワールド2
NEW Topics
RA★MG 2018 大阪
玉ちゃん ファン歴10年
気づけばアラ環
亭主元気で留守がいい
夏の思い出
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ninngnnmodoki

Author:ninngnnmodoki
ninngennmodokiのブログです
生まれも育ちも大分県
家族:定年退職した夫
   社会人の長男(家を出て一人暮らし中)
   社会人の次男(何故かいまだに同居中)
    
趣味○音楽
    ・オペラ観劇
    (モーツアルトのオペラが好き)
     最近は「のだめ」の影響でオーケストラも聴くよう     になりました。同時に「玉木宏」君のファンに・・
    ・好きな歌
     ジョンレノン「イマジン」
     ベートーベン第九合唱
   ○読書
    ・好きな作家
     村上春樹
     藤沢周平
     ジェーンオースティン
   ○旅
     気ままな一人旅が好き
     2012年念願のウィーン・プラハへ行ってきました
     2017年あこがれのフィレンツェへ行ってきました

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索